2016年03月29日

もうすぐ4月!!


こんばんは🌙
お久しぶりです!




最近は温かいですね☀
しかし温かいと虫さんも…
そろそろ予防シーズンです!!
フィラリアやノミ・ダニ、狂犬病など
盛りだくさんです!
何か分からないことやご相談事がありましたら
お電話やお散歩がてら病院に寄ってください😌









桜もだんだん咲いてきた見頃🌸
お花見をしたい気分…
ということであもと母とお花見をしてきました!!
2016-03-30 20.21.04.jpg


第三公園に行きましたが、全然咲いてなかったです(..)
ちょっと早かったみたいです…
また来週にでも行ってみようかな♪
にしてもあもさんは、毛が伸びてきてぼさぼさ。
目が見えないです…笑
まぁこれもかわいいんですけどね♡







では、次は満開の桜とあもをお届けしたいです!
また♡


posted by 東いわつき動物病院 at 18:50| 埼玉 ☔| 看護師日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

アトピー? アレルギー? どっちなの?

診断は、アトピーなの?アレルギーなの?っと混乱することもあるかと。

今回は用語説明です。

忙しい方へ端的に言うと、病院に来ている段階では同じ意味だと考えてください。

以下もう少し補足

    アトピーはアレルギーになりやすい素質があるということ。
    アレルギーは原因(アレルゲン)により起きている症状のこと。


たとえば、かゆみがあって病院に来ている段階だと。。。。
アトピーだから(アレルギーになりやすい体質だから)、アレルギーになりかゆみがある。
なので、アトピーであり、アレルギーであるとも言える。
だから、大まかには同じ意味だと考えておくと混乱しないと思います。








〜もう少し詳しく書くと〜


アトピーとは。。。。
IgE抗体を作りやすい体質のこと。
症状がなくとも、IgEがあればアトピー。
IgEは免疫グロブリンと言う物質(Ig)の、Eタイプ(赤みを起こすタイプ)と名付けたもの。
IgEがあれば、症状がなくとも素因ありでアトピーです。






アレルギーとは。。。。
症状があり、その原因(アレルゲン)があります。
検査で原因が分かれば、「○○アレルギー」となります。
例えば杉花粉アレルギー(花粉症)です。






そして『犬アトピー性皮膚炎』は犬アトピー性皮膚炎対策会議において以下のように定義されました。


『花粉やダニのIgEが関連した特徴的な症状とかゆみを伴う皮膚炎』


特徴的な症状は、前回記載した
かゆみ部位に慢性的なかゆみを伴う皮膚炎があることです。

わきの下、内また、手足の折り曲がり部ですね。


つまりは、花粉やダニなどの環境アレルゲンに対するアレルギー症状が、犬のアトピー性皮膚炎です。
言い換えると、ダニアレルギーとか花粉アレルギーが犬のアトピー性皮膚炎です。




なので症状があって診断としてのアトピーですねって言い回しは、アトピー性皮膚炎ですねって言い回しの短縮で使っていると解釈できます。
症状の有無と関係ないアトピーという状態と、診断として口にするアトピー(性皮膚炎)は違うのです。








さて、







アトピーっていうと、治らない代名詞

アレルギーっていうと原因があって何とかなりそう


そんなイメージありませんか?



アトピー(性皮膚炎)=アレルギーだと治りそうな気がしませんか?





じゃあ、原因(アレルゲン)を調べてみようとなりますよね。




あとは、かかりつけの先生に質問すれば解決の糸口が見つかるかもしれません☆彡



詳しくはまた後日




















近隣岩槻区、さいたま市、春日部市、蓮田市、白岡市、久喜市、宮代町の方、東いわつき動物病院への質問はこちらから


東いわつき動物病院HPへ(岩槻・動物病院)






posted by 東いわつき動物病院 at 18:14| 埼玉 ☔| 医療情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。